M3秋 N-01新譜『NEXUS GENERATION』

リオネ、M3春 新譜『Chaser』を語る!【ラジキャノ第1回書き起こし 後編 2020.2.13公開】

podcastにて絶賛公開中のラジオ番組『ラジキャノ』。ハジメ優とリオネが自由気ままに、少しグダリながらも音楽を語ライライしていきます。ラジキャノ第1回 書き起こし 後編。

オンエア動画はこちら↓

【前編】優、リオネとの出会いを語る!の続き

■オレコン

ここからは人の子に生まれたのなら恥ずかしいけれど誰もが自慢したいものを持っている。あぁ、その名は俺コンプレックス。略してオレコン!

(優) 今回は来月3月1日に迫った2020 M3春について語ライライ深掘りしていきます。…

(リオネ) はい。本当にね。

(優) ということですが、M3がついに来てしまっている状態ですよね。リオネさんにとっては特に。どうですかって感じですよ?

(リオネ) あっという間だよね。やばいんですよ。本当に。

(優) まだ、今日現在収録した日についてはリオネさんはクランプアップ(脱稿)していないということで…。

(リオネ) そうなんですよ。締め切りどころの問題じゃないのですよ。

(優) 本当に今日、収録していていいのか?っていうぐらいなトラブルが若干あったらしいという話は伺っています。

(リオネ) そのくらいの窮地に立たされいます。まあ、合作とかだと付き物だと思いますけど…。汗

(優) でもね。締め切りは迫ってくるので頑張ってくれとしか言いようがない…!何とかして!

(リオネ) ヤバい、だけども頑張ります。何とかする。

■M3ってなんだっけ?

(優) まず始めに、M3とはなんだ?という方。初耳という方もいると思います。簡単に概要だけ説明させていただきます。 M3は1998年が初回開催だったようです。

(リオネ) へーだいぶ昔ですね。いま知りました。

(優) さっき調べて知りました。笑 

(リオネ) なるほど。笑

(優) 毎年、春と秋に開催されている同人音楽(デジタルコンテンツも含む)に限ったイベントで夏コミのようなオールジャンルではなく音楽サークルだけが出店してるんですよ。音楽限定だからこそコアな方が集まっているという…。

(リオネ) そうなんですよね…!

(優) イベント全体をみるとボカロは少数派でして。フュージョンだったり、琴の人もいるし、ボイスパーカッションの人もいるし。(※見かけたのは二胡で琴は間違いでした。)

(リオネ) いますよね。

(優) 音楽だったら何でもアリ!音楽ならオッケー!なので濃度が濃いです。音楽に限ったイベントではたぶん国内最大級です。

(リオネ) 見た限り。たぶんじゃなくて、間違いなくですね。

(優) 今年の春の開催日は3月1日で開催場所は東京流通センターとなっています。 開催場所のアクセスがすごく不便で辺鄙ですよね…。

(リオネ) 本当に…。

(優) 倉庫街ですよね。

(リオネ) うん。行ってみればわかります。

(優) でもね。東京モノレールで「流通センター」という名前のままの駅があるので、その駅を降りればすぐ目の前にありますので。

(リオネ) そうですね。

(優) 東京モノレールで「流通センター」と覚えていただければ遊びに来れるイベントですので、ぜひぜひ足を運んでいただいてほしいな…と思っております!

(リオネ) そぅぇっすね…

(優)(リオネ) 笑

(優) いやでも、リオネさんかなり良いものを作っていて、仕上がってきていますね。

(リオネ) ありがとうございます。

(優) さっき聴かせてもらったのですが、かなり良いディスコ?…ユーロビート?。

(リオネ) ユーロビートですね。

(優) リオネさんユーロビートが超得意ということで。

(リオネ) そう。頭文字Dめっちゃ好きで…!

(優) 頭文字Dか!それで東京オートサロンとかにも通じるのですね。なるほど。

(リオネ) そういうところからなんですよ。

(優) 車もお好きでしたもんね。

(リオネ) 元々、車が大好きで。

(優) そっか、頭文字D。

(リオネ) 頭文字Dがユーロビートですよね。

(優) ドンドンドン!でズッツク、ズッツク、ズッツク!で

(リオネ) 四つ打ちにユーログラスにテケテケのあれ(ユーロリフ)がかっこよくて

(優) いいですよね。本当に尊敬するくらいかっこいいリフがね!

(リオネ) リフだけならね。

(優) リフ以外も良かったですよ!なに言ってるんですか!

(リオネ) リフとサビが一番聴かせたいところで。Aメロ、Bメロを凝りたがる人もたくさんいると思うのですけれど、僕はメロディラインとリフとサビの良さで曲が決まると思って作曲しています。

(優) なるほど。

(リオネ) 誰が聞いてもノリやすくて気持ち良く聴けるように頑張っています。そんな感じですね!

(優) そんな感じですか?まだまだいっぱい言いたいことあるんじゃないですか? ジャケットのデザインとかかなり凝っていますよね?

(リオネ) そうですね。

(優) ラジキャノを動画投稿した際のトップ絵のキャラクターはリオネさんのジャケットと一緒なんですよね。

(リオネ) そうですね!めちゅくちゃかわいい。

(優) 黒髪ってボーイッシュで。

(リオネ) そうそう。めっちゃ勘違いされるんですよね。男の子って女の子なのに。

(優) 自分もキャラクターがいることを聞いたときにトップ画の子(ツイッターのアイコン)って知って男の子じゃなかったんだって言ってしまった。誤解していた。

(リオネ) 言われた。当たり前によくあるの。

(優) ツイッターのアイコンのキャラクターですよね!

(リオネ) アイコンの子です。

(優) チェックしてみてくださいね。

(リオネ) ぜひ!

(優) 東京MARCOPOLOもキャラクターを統一していて変えないサークルなんですよ。お!きましたね!(BGMに反応する。)

(リオネ) 流れてきましたね。

(優) いままで3枚アルバムだしてきてキャラクターのデザインを変えなかったんですよ。

(リオネ) そうですね。変わってない。

(優) でも今回(ラジオのトップ絵)からね。変えちゃったんですよ。

(リオネ) 違うんですか? 嘘でしょ?

(優) 変えたの。リニューアルしようと思って。(曲の)サウンドも変わってきていて段々、段々とリオネさんほどではないのですけれど四つ打ち主流になりつつあって。 この機会に(いままでのを)引き継いだ上で少し変えようと。

(リオネ) そうなんですね。白い衣装で。

(優) 前までは白い衣装だったんですけれどオレンジ色をメインに

(リオネ) ここから変わるんですね。そうとう辛い。

(優) こういう感じでやっていこうかなと思うのですけど、M3では新譜を持っていかないんです。すいません。

(リオネ) 持っていかないんですか?

(優) はい。持っていかないです

(リオネ) でも、僕は新譜をもちろん持っていくので紹介させてもらってもいいですか?

(優) お!どうぞどうぞ!

■リオネ新譜 『Chasser』に迫る!

(リオネ) 新譜「Chaser」というタイトルで意味は追跡者。追いかけるもの達っていう意味あいで。ユーロービートなんでレースゲーとかのテンポ感で。

(優) そういうチェイサーねー。なるほど。

(リオネ) でも案外、曲の歌詞の内容とか意味合いとかでは夢を追いかけたり。追いかける様を表しています。

(優) 夢ね。誰もが追いかけますよ。追いかけ続けていますよ私たちもね!

(リオネ) 追いかけないとこんなこと(ラジオやサークル活動)をしませんからね

(優) 本当にね。それはありますよね。

(リオネ) 普段はメタル曲が多いのですけれど今回のアルバムに限ってはユーロービートとダンスミュージックのみで収録してます。

(優) そうそう。リオネさんのイメージはやっぱりメタルがあります

(リオネ) そうですよね。元々ギターを弾いてますから。

(優) ツイッターで「紅」(X JAPAN)の動画をツイであげていて、あれ良かったっす。

(リオネ) バンド時代に必死に紅を弾いていた風景をツイッターに載せたんですけれど…。笑

(優) というわけで、ここまでで紹介させていただいたアルバムですがオススメの1曲。リクエストとかあるのですか?

(リオネ) 準備してきましたよ!

(優) お!流石ですね!

(リオネ) 新譜の2ndアルバムの収録されている「カミツレ」このアルバムの代表曲です。鏡音リンがボーカル担当でして、カミツレとはなんなの話しなのですが、花なんですよね。 花言葉に苦難の中の力を持っていて、背景に絶望の淵に立っている人が考えや行動を改めて成功への道を切り開いていく物語を指していて。僕自身も今までもバンドマンとしてのボカロPという扱いが多かったのですけれど、今はもうバンドマンじゃないんだ。そうじゃない、もう過去にとらわれない。

(優) なるほど。

(リオネ) もう前にどんどん進んでいくぞって思いで

(優) ポジティブはいいですよね。ポジティブシンキングの気持ちが曲に込められらている。

(リオネ) ばりばり!そういう気持ち入っていますね!

(優) じゃあ、かけましょうか!

(リオネ) ニューアルバムの Chaser よりボーカル鏡音リンで「カミツレ」です。

■エンディング / 告知

(優) 早いもので、お別れの時間も近づいてまいりました。いざ始まってみるとあっという間に時間が過ぎてしまった。

(リオネ) 本当にそうですよね。

(優) もうこんな時間かって感じですよね。リアルタイム的に。

(リオネ) 体感5分くらいなんですけど…。

(優) 収録とはいえふたりとも緊張してましたからね。

(リオネ) ガッチガッチで。

(優) ガッチガッチでやっていますからね。

(リオネ) 本当ね。

(優) でも、楽しいよね。

(リオネ) 楽しいね。思った以上にね。

(優) 思った以上に…いや、かなり楽しい。

(リオネ) そうね。

(優) リオネさんの曲を前から普段的に聴いてはいたんですけれど。

(リオネ) ありがとうございます。

(優) カミツレの曲のこともそうなのですが、曲のバックヤードがあるんだって歌詞から読み取るのも面白いのですけれど、そこから製作者自身の考えが聞けると。なるほど!とさらに曲を味わえますよね。

(リオネ) なんだかんだ合作で…。

(優) あっ!そうだ合作なんですよね。

(リオネ) あっそれ!そうなんですよ。作詞は自分ではやらないので。

(優) 作詞の方はどなたなんですか?

(リオネ) ゆかちさん (Twitter : @yukachi_71869)という方で音楽関係でお世話になっている方です。

(優) なるほど。自分は合作ね…。たまにやるのですけれど。基本的には全部やってしまうタイプなので。

(リオネ) あーそうですよね。

(優) もちろん作詞家の方にリオネさんのようにお願いするときもあるのですけれど、アルバムの中には1曲、2曲の少なめで。合作メインで活動しているのはリオネさんは人徳ある方だなと思いますよね。

(リオネ) まあ。そうですね。

(優) (人徳が)無いとできないですよね。交渉とかしながらやるわけですから。

(リオネ) いやいや、とんでもないです。

(優) (ラジオやろうということに対して)一言でいいよって返してくれる人柄ですよね。

(リオネ) もっと知られるべき人やスキルを持っている人はたくさんいると思うんですね。

(優) いますよね。

(リオネ) そういう方に僕から声をかけて一緒にやりましょう!って声をかけてお互いが広まるように意識してお付き合いさせてもらっています。

(優) なるほど。話したいこともあるのですけれど全部話しちゃうと次回の話しが無くなっちゃうのでここら辺にさせてもらって…。

(優) ここで告知をさせていただきたいのですけれど、告知したいことありますよね!

(リオネ) もちろん。ありますよ! 

(優) ありますよね!!どうぞ告知を!

(リオネ) 3/1日のM3春で第二展示場 ク-26b Lumines(ルミネス)というサークルで1st Lumines-On the rock-、2nd Chasserを頒布させていただきます。視聴や雑談も大歓迎ですのでぜひからかいに来てください!よろしくおねがいします!

(優) 楽しみですね!では、私の方も!

(リオネ) そうですね。

(優) 完全新譜は無いのですけれど冬コミでだした新譜のアルバム3rd アルバム「OOPTH」先ほどVOYAGERっていう曲を流させて頂いたのですけれど。まだ3ヶ月しか経ってないんだから新譜だってことですよ。

(リオネ) 新譜です。

(優) 個人的な考えなのですが同じ名前のイベントで同じCDを持っていかなければ新譜ってことにしています。

(リオネ) そうですね。確かにそれで通りますね。

(優) 新譜です!新譜 OOPTH 第二展示場 ケ-07aにて頒布します。バンドスコアのついたお得なセットも数量限定ですが用意しています。セットは数は少ないのでお早めにお手に取っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

(優) ここで番組もう完全にやることやってきてしまった。以上、ラジキャノの初回放送でした。

(リオネ) あとは締めだけだね 。

(優) 締めるのもね。あの…あれを。さっき決めたフレーズやりますよね?

(リオネ) もちろん。

(優) やりましょ、やりましょ。 この番組の決め台詞を。

(リオネ) 恥ずかしい…。笑

(優) せーのでいきましょう!

(優)(リオネ) 音楽ってやっぱいいものいですね!!



以上、ラジキャノ第1回 書き起こしでした。
次回の第2回放送は2/27日にpodcastなどにて最速公開予定です!


書き起こし、加筆修正 ハジメ優

この記事が気に入ったらフォローしてね!