東京MARCOPOLOの世界観を語る!その2【ラジキャノ第2回書き起こし】

東京MARCOPOLO2059_サムネ

ラジキャノ書き起こし

Youtube、ニコニコ動画、各podcastにて絶賛公開中のラジオ番組『ラジキャノ』。
第2回 21:00〜から抜擢で書き起こし。

MVの真相、ついに語る! ラジキャノ -Radio Canon- 第2回放送

チャンネル登録していただけると嬉しいです!泣いて喜びます!

特集!feat.東京MARCOPOLOの世界観!その2

東京MARCOPOLO サムネ

東京MARCOPOLOの世界観を語る!その1【ラジキャノ第2回書き起こし】

その1からの続き

(ハジメ優) いいんじゃないかな? …

裏設定だったんですけどね。気づいてもらうために書いていたわけではなかったので、曲の歌詞が繋がっていることに気づいてくれる人はいないだろうな。と思っていたのですけど即売会でほんと数人の方が、

「これ、繋がっていますよね?」

と言ってくれる方がいたんですよ!ありがとう!気づいてくれてありがとうって!

(リオネ) 嬉しいね。なかなか気づかないよ、こういうのって。

(ハジメ優) ちゃんと歌詞カード見てくれたんだなーって!歌詞カードって東京MARCOPOLOではどんな形であれ必ずつけるようにしているのですよ!同人CD界隈だとCDの単価が上がるって理由で歌詞カードってカットされがちなんですけれど…。

(リオネ) 僕もつけようと思ったけれど歌詞カードって高いからね…。たっけぇってなる。

(ハジメ優) 高くなっちゃうんだよね。でも、歌詞の世界観が繋がっているって思いがあって作るようにしていたんですよ!それを読んでくれて嬉しいなって思ったんですよ。作ってよかったなって。

東京MARCOPOLO2059_歌詞カード

(リオネ) 割と歌詞カードに触れる人いないですもんね。

(ハジメ優) いない、中々いない。悲しいなぁー。笑

(リオネ) 悲しい…。笑

▼気を取り直して

(ハジメ優) でね!イラストのジャケットのキャラクターも一緒じゃないですか!ずっと1st、2nd、3rd!

(リオネ) ほんとそうですよ!

東京MARCOPOLO2059_CDジャケット

(ハジメ優) あれも繋がっているってことを暗示したかったんですよ。

(リオネ) なるほどね。隠された要素が…そんなところにも。

(ハジメ優) キャラクターに馴染みを持ってもらいたいなって思いもあったんですけれど…。裏では作品の歌詞が繋がっていて、それが表に出てきたのは「OOPTH」(2020)というアルバムのTWISTERっていう曲なんだけれど…。

(リオネ) TWISTERね!

TWISTER / MV / 東京MARCOPOLO feat.初音ミク

(ハジメ優) MVでその映画的な要素や歌詞が繋がっていることを表に提示して、これは繋がってるんだ!って。

(リオネ) 僕もさっきTWISTERのMVを観させてもらったけれど、解説があると、あっそうなんだ!みたいなところがめっちゃ多くて!

(ハジメ優) こういう意味なんだよって話をしていたんですよね。

(リオネ) 初見だと意味わからないと思う。

(ハジメ優) パッと見だと演出が派手なMVみたいで終わっちゃうからね。

(リオネ) バババってすげぇってなってね。笑

(ハジメ優) そうだね。情報量を詰め込みすぎた結果、早すぎてパンパンパンしてよくわからないっていう。

(リオネ) 気づかないところをしっかり良くみてれば気づくと…。

(ハジメ優) そうなんですよ。それでキャラクターも一緒じゃないですか!いつも同じキャラキターと向き合っていると作る方も愛着も湧いてくる!一応、初音ミクがベースになっているのですけれど…。イラストレータとの間では「ゼロワン」って呼ぶことが多くて。

(リオネ) ゼロワン? ゼロワンって呼んでるんですか?

(ハジメ優) そう。ゼロワンって呼んでいて。例えばイラストレーターから「今回のゼロワンちゃんどうします?」とか聞かれたりします。

東京MARCOPOLO2059_初期デザイン
ゼロワン初期デザイン イラストUMA

(リオネ) 結構、勝手に設定弄ってやってるんだね!

(ハジメ優) 勝手にやっていますから!なんでゼロワンかっていうのは一応しっかりした理由はあるんですよ。

(リオネ) へー。

(ハジメ優) 最初のアルバムの名前が「ONE」(2018)だったからなんです。

(リオネ) わん?

(ハジメ優) ONEって名前だったの。でもそれだと犬のワンワンワンみたいだし。初音ミクの商品名がキャラクターシリーズ01 初音ミクじゃないですか!

(リオネ) あ!!01 初音ミク!?あーなるほど。

(ハジメ優) でしょ?。その頭の部分とアルバム名のふたつをかけてゼロワン!自分も最近はゼロワンって呼ぶことがほとんどです。「ゼロワンお願いしまーす!」みたいな感じで。

※補足 最初はアルバム名から「ONE」(ワン)と呼んでいたのですが、それってオーネと被らない?って指摘があってゼロワンに変わっていった経緯があります。

(リオネ) それで通じ合うんだ。ゼロワンちゃんってしっかり確立してるとイラストとかのイメージの意思疎通とりやすい。さっきのサイバーパンクとかも。パッと見だけどあのヒラっとしたマントにみえつつもガチっとした装甲っていうか…ブーツとかも、電子ぽい?

(ハジメ優) ゴムっぽい感じですか?あれもサイバーパンク的なニュアンスをいれてます。

(リオネ) なるほどね、サイバーパンク。笑

(ハジメ優) デザインした頃はまだアルバムも1枚目の頃で、世界観もまだ完全に決まってなくて牧歌的な曲も混ざってる。なので完全にサイバーパンクになっているかっていうと個人的にはパンクなのかなー?ってちょっと思うところもあるのですけれど…。

(リオネ) 説明を聞けばサイバーパンクだなって感じしますよ!

(ハジメ優) マントは酸性雨を防ぐために身にまとってるんですよ!

(リオネ) そういう設定もあるの?

(ハジメ優) あるある。なんで普通の現代(近未来)でマントつけているのってなるじゃないですか?

(リオネ) 確かにそうだよね。

(ハジメ優) どうしようかなって、うーんって悩んで。そうだ!酸性雨から防ぐためにはマント必要だろって!あのマントは対酸性雨なんですよ。

(リオネ) 対酸性雨。笑 普通の雨じゃなくてね。

(ハジメ優) そう!だからTWISTERのMVでも雨が降っているんですよ!

(リオネ) あ、え、まじ?!全然気がつかなかった。

(ハジメ優) 常に酸性雨が降り続いている世界観なんですよ!それもブレードランナーの影響!

(リオネ) なるほどブレードランナー。知れば知るほど面白い。へー。

東京MARCOPOLO2059_ブレードランナー
(画像independent.com.ukより)

(ハジメ優) TWISTERのMVでは曲がかなりリンクしていて…続く

以上、書き起こし その2でした。

書き起こし、加筆修正 ハジメ優 @marcopolo_tokyo

東京MARCOPOLOの世界観を語る!その3に続く。

東京MARCOPOLOの世界観を語る!その3【ラジキャノ第2回書き起こし】

ラジキャノ第二回放送、本日配信です!